東京藝術大学 音楽学部楽理科/大学院音楽文化学専攻音楽学分野

卒業後の進路

 

音楽教育、音楽ジャーナリズム、文化事業(音楽部門)の企画・運営から、放送・新聞・出版などマスコミ関係の仕事、音楽ソフトの制作と販売、そして一般企業への就職まで多岐にわたっています。作曲家、演奏家として活躍している人もいます。卒業後、さらに大学院(修士及び博士課程)で音楽学を専攻した人の多くは、各地の大学で音楽学の研究・教育活動に従事しています。

大学 330名 (27.9%)
メディア(放送・新聞・出版・CD・制作) 67名 (5.7%)
演奏家、音楽教師 51名 (4.3%)
小中高校 41名 (3.5%)
研究機関 23名 (2.0%)
財団、行政機関 23名 (2.0%)
音楽マネージメント 17名 (1.4%)
評論、ライター 15名 (1.3%)
医師 6名 (0.5%)
楽器店 5名 (0.4%)
その他 41名 (3.5%)
(計) 619名 (52.5%)

※2001年度までの全卒業生の進路内訳。%は総数(1,179名)を母数として計算。

楽理科生の卒業後の活動については、「学生の声」内の「卒業生の声」もご覧ください。