東京藝術大学 音楽学部楽理科/大学院音楽文化学専攻音楽学分野

 大学院の紹介

東京藝術大学大学院音楽研究科は、修士と博士後期の二つの課程からなっています。

音楽学には、三つの講座があります。以下では、各講座の根幹をなす、常勤教員による各授業(ゼミ)を紹介します(非常勤講師による授業については、今年度の授業紹介をご覧ください)。

第1講座

音楽学演習(植村幸生)
フィールド科学としての音楽研究という立場から、音楽文化の諸相を民族誌的に把握すること、およびそのための方法論について考察する。演習のテーマは毎年異なるが(05年度は「植民地下のレコード産業」)参加者は広義のフィールド経験に基づく洞察力が求められる。外国人留学生が多く参加していることも本ゼミの特徴の一つである。

西洋音楽史、音楽美学(福中冬子)

第2講座

音楽学演習(土田英三郎)
西洋音楽史と音楽理論(史)を専門に研究するゼミです。音楽史研究に関わる根本的な問題を扱いますが、西洋古楽譜(自筆譜、写本、初期印刷譜など)・古文献を対象とする史料研究や、音楽作品の特徴を分析する様式研究、それに作曲家・作品研究、分析論、記譜法、演奏習慣、音楽用語研究、音楽社会史、音楽受容史、言説研究といった音楽学の伝統的・基礎的な領域ばかりではなく、音楽解釈学やテクスト論、ジェンダー論などの新しい方法や対象にも眼を配っています。やることは専門的でも、まず音楽がとても好きでなければなりません。その上で、音楽の仕組みや制度の内奥に迫りたい人、音楽を通して歴史や文化を見つめたい人、思考を深めたい人に向いています。活発なディスカッションが期待されています。

音楽学特殊研究(大角欣矢)
西洋音楽史のさまざまなテーマを取り上げています。重点はどちらかというと古い時代(ルネサンスからバロック)にありますが、それに限定しているわけではありません。これまでに取り上げたテーマは、「バロック・オペラにおけるアリアの形式とその背景」「パレストリーナの4世紀(パレストリーナ様式の諸側面と17~19世紀におけるその受容)」「J.S.バッハ研究の動向(伝記・作品研究・受容)」「ポピュラー音楽へのアプローチと文化研究としての西洋音楽史」です。

西洋音楽史(西間木真)

主にフランス語文献の講読を通して、史料の基本的な扱い方を学びます。

第3講座

音楽学演習(塚原康子)
日本音楽史ゼミでは、日本で行なわれてきた諸音楽に関する歴史的研究をしています。「日本音楽」という切り口からどのような研究が可能なのか、昨年度は「「日本音楽」の越境」を扱い、今年度は「「日本音楽」の戦後60年」をテーマに戦前と戦後との連続・非連続を考えることを通して探求しています。

音楽学特殊研究(植村幸生)
日本には戦前からアジア音楽研究の豊富な蓄積があり、戦後はフィールド研究が本格化した(本学はその最初の拠点である)。同分野はいまや従来の諸方法を統合し、かつ研究の前提を問い直す転機を迎えている。本科目では従来の研究成果に学びながらアジア音楽研究の将来を展望する。05年度は韓国・朝鮮音楽史を取り上げている。