東京藝術大学 音楽学部楽理科/大学院音楽文化学専攻音楽学分野

 専任教員

 

 

土田英三郎 教授

専門は西洋音楽史18、19世紀の諸問題、とりわけ音楽形式及び音楽形式理論の歴史、交響曲の歴史。

作曲家研究としてはベートーヴェン、ブルックナーなど。

音楽学の伝統的な方法論と新しいパラダイムの接点で研究を進めている。

DSC01467

 

塚原康子 教授

著書『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』(多賀出版、1993)により京都音楽賞、田辺尚雄賞受賞。

さまざまな音楽ジャンルが錯綜する近代を主たる対象にして、音と音楽を仲立ちにした歴史研究に取り組んでいる。

DSC01534

 

大角欣矢 教授

16~17世紀のドイツ・キリスト教音楽をはじめ、ルネサンス・バロック期の西洋音楽を重点的に研究。

また宗教と死の問題を通して見た音楽史、ポピュラー音楽の研究など、学際的な分野にも取り組む。

DSC02040

植村幸生 教授(楽理科主任)

専門は東アジア(特に韓国・朝鮮)の音楽史と民族音楽学。

文献・図像・フィールドワークを通じて18~20世紀朝鮮社会における音楽と音楽家を研究。

DSC01717

 

福中冬子 教授

20世紀~21世紀西洋音楽をはじめ、近代音楽理論史、現代オペラなどを研究。

著書に『オペラ学の地平』(共編著、2009)。

DSC01430

西間木 真 准教授(楽理科副主任)

中世の音楽文化と音楽史料、特に12世紀以前の音楽理論書および音楽教育書の調査と校訂を手がけている。

著書に『Tractatuli, Excerpta et Fragmenta de Musica s. XI et XII』 (共著:Brepols, 2011)などがある。

音楽理論史、楽書講読などを担当している。

nishimagi_sensei