東京藝術大学 音楽学部楽理科/大学院音楽文化学専攻音楽学分野

福中冬子 准教授

 
DSC01430
米国ニューヨーク大学大学院(New York University, The Graduate School of Arts and Science)博士課程修了(Ph.D, 2003)。慶應義塾大学、明治学院大学非常勤講師などを経て現職。近現代音楽(とくに現代オペラ、20世紀音楽美学)を中心に研究。最近は音楽創作と社会との関係性の事例として西ヨーロッパ、アメリカ、日本における冷戦と音楽をテーマに取り組んでいる。著書に、『オペラ学の地平』(共編:彩流社、2009年)、『ニュー・ミュージコロジー』(編訳:慶應大学出版会、2013年)、『Contemporary Vocal Music and Vocal Identities』 (共著:Routledge, 2013)、『Contemporary Music in East Asia』(Seoul National University Press, 2014) など。
学部生向けに、音楽美学、現代音楽、オペラ史、西洋音楽史の授業を受け持っている。また大学院生向けのゼミと個人指導を行っている。
Mail: fukunaka.fuyuko☆ms.geidai.ac.jp
☆を@に変えてください。