東京藝術大学 音楽学部楽理科/大学院音楽文化学専攻音楽学分野

よくある質問(学科説明会で寄せられた質問を含む)

求められる能力に関して

Q 外国語の能力は重要ですか。
A 入学後は外国語の文献を読む機会が増え、海外の研究者を招いての講演が行われることなどもあり、楽理科の学生には高い外国語能力が求められます。英語以外の外国語(独語・仏語)での受験によって入学して来た場合、楽書講読および外国語関連科目の履修については、その学生の語学力に即して個別に対応します。

Q 演奏の能力は重視されますか。
A 楽理科では実践に根差した研究を目指しています。音楽を聴き、表現する基礎的な能力は、音楽について考える際に欠かすことができません。
入試では副科実技の試験があり、ピアノ、オルガン、チェンバロ、弦楽器、管楽器、打楽器、邦楽器のいずれかでの受験が可能です。詳しくは東京藝術大学HPの「入試案内」をご覧下さい。

受験に関して

※入学試験の判定基準については、「平成29年度入学者選抜要項」など本学が発行する資料の記載事項を除き非公表です。

Q 入試の情報を知りたいのですがどこを見たらよいのでしょうか。
A 東京藝術大学HPの「入試案内」をご覧下さい。入試過去問題をご覧になりたい方は、音楽学部教務係(tel:050-5525-2309)にお問い合わせ下さい。

Q 入学試験の副科実技は、ピアノと他の楽器で有利・不利はありますか?
A まったくありません。

Q 音楽高校ではなく、普通の高校から楽理科を受験することはできますか?
A もちろんできます。実際、大勢の普通高校出身者がいます。

Q ピアノで受験する予定ですが、その他の楽器を入学後に履修できますか。
A 大半の楽理科受験生はピアノで受験します。入学後、2年次から様々な副科実技レッスンが履修できます。通常は初級から受講しますが、その楽器について高い技術を持つ学生の中には、オーディションなどによって、初めから中級クラスに入る場合もあります。 ただし、受験時にどの楽器を選んだかにかかわらず、1年次はピアノ以外の副科実技を履修することはできません。 楽理科ではピアノ副科実技は必修ではありません。しかし、実際はほとんどの学生が少なくとも一年間はピアノ副科実技を履修しています。ピアノ以外の楽器で受験し入学した学生は、入学後にピアノのオーディションを受け、その結果により各々のレベルに即した履修をします。

Q 受験時に副科ピアノの練習室は案内していただけるのでしょうか?
A 受験者の集合場所から試験室等への誘導は本学係員が担当しますので、その指示に従ってください。

Q 新しく変わった和声ではなく、古い方の和声しか学習していないのですが、試験科目「和声」の出題は、「新しい和声(出版物)」に準じた出題となるのでしょうか?
A 平成28年7月21日(木)発表した『平成29年度「音楽に関する基礎能力検査の試験内容」・「副科実技等の課題曲等」』記載事項を見てご判断ください。試験科目「和声」が「新しい和声(出版物)」に準じて出題されるかどうかは回答できません。

Q 和声の試験の「数字つき和声」はどこまでの範囲で出題されますか?
A 平成28年7月21日(木)発表した『平成29年度「音楽に関する基礎能力検査の試験内容」・「副科実技等の課題曲等」』記載事項を見てご判断ください。

Q 口述試験はどのように行われますか?受験者一人に対しての面接官の人数(グループ面接か1人か)と1人あたりの時間を教えてください。
A 非公開です。

Q 各試験3段階(センター、音楽、小論文・面接)での本人自身の得点及び最低合格点を、受験者に開示する予定はありますか?
A 不合格者のうち希望する方に対して個人成績を開示します。開示内容の詳細は平成28年12月発行予定「平成29年度学生募集要項」をご確認ください。

Q 小論文・面接は、センター&音楽の問題と異なり、得点の多寡を受験者が想定することが困難だと思いますが、採点基準等を試験後に開示する予定はありますか?
A 試験後開示する予定はありません。

Q 楽理科の入試についてですが、配点が公表されていないようですが、どの科目を最も重視されていますか?
A 「平成29年度入学者選抜要項」、「平成29年度学生募集要項」をご確認ください。

Q 副科実技をピアノで受験するが、再現部も暗譜で演奏しなければならないのでしょうか?
A 学生募集要項等の記載事項に従ってください。

志願者・入学者に関して

Q 入学者の男女比はどのくらいですか?(最近4年間くらいで構いません)
A 「大学案内2017」をご覧ください。

Q 現役と浪人の比率を教えてください。
A 「大学案内2017」をご覧ください。

Q 地方出身者の割合を教えてください。
A 「大学案内2017」をご覧ください。

Q 教職をとっている学生数、再受験生数、大学院進学率も教えてください。
A 「大学案内2017」でご確認ください。(記載のない事項は非公表です。)

Q 社会人の入学は、過去にどのくらいありましたか?
A 正確な統計はありませんが、過去には少なからぬ例があります。なお、「社会人のための特別入試」の制度はありません。

カリキュラムに関して

Q 授業内容を教えてください。
A 履修概要をご覧下さい。また、今年度の楽理科開設科目については、授業ページで詳細をご覧になれます。

Q アートプロデュース系の授業はありますか? 
A 楽理科の専門科目にはありませんが、演奏藝術センター開設の授業を受けることができます。

Q ポピュラー音楽、ジャズなどの歴史、楽曲分析をしたいのですが、指導教員はいますか? 
A 楽理科に専門の常勤教員はいませんが、研究テーマとして選ぶことは可能です。 

Q 教員免許は取得できますか。
A 所定の科目を履修し単位を取得することで、中学校教諭第1種免許状・高等学校教諭第1種免許状(教科:音楽)が取得可能です。(ただし中学校教諭の免許状には、単位取得に加え、「介護等の体験」も必要)

Q 学生が学べる一般教養科目にはどんなものがありますか。
A 教養科目は全学共通です。たとえば、美学・音響学・演劇論等のほか、音楽教育論・サウンドスケープ論・音楽療法概論など、音楽大学に特徴的な科目も豊富に開設されています。

Q 入学後、複数の外国語を学ぶことはできますか。
A 多くの外国語科目が開設されているので可能です。履修の仕方によって複数の言語を同時に学ぶこともできます(楽理科の場合は同一年次に複数の言語を学ぶことが必要です)。さらに、お茶の水女子大学との単位互換制度を利用することで、本学で開設されていない言語の科目を履修することもできます。

Q 純邦楽や民族音楽の理論に興味があるのですが、これらを中心に履修をすることは可能でしょうか。
A その分野での勉強でしたらぜひ楽理科に来てください。ただし、学部課程ではそれだけでなく、音楽学のいろいろな分野とその研究方法を広く学びます。その上で、「音楽学実習」や「卒業論文」として自分のテーマに取り組むことになります。

Q 優秀ならば3年間で卒業できる、とのことですが、これは教員資格をとるための単位を履修していても可能ですか。
A 教員免許状取得のためには4年以上の履修が必須であるため、3年卒業とともに教員免許を取得することは不可能です。ただし他大学等で関連科目を履修してきた場合は可能になる場合もあります。

Q 楽理科に在籍しながら、指揮法のレッスンを受講することは可能でしょうか?
A 指揮法概論(集中講義)、副科指揮法(通年授業)を受けることはできます。ただし、指揮科の学生が専門として受ける指揮法のレッスンは受けることができません。

Q 外国語(英語以外)の科目は習熟度別でクラス分けしていますか?
A 習熟度別に「初級」、「中級」、「上級」、「演習」の授業があります。

Q 別科とはどのようなコースでしょうか?
A 実技レッスンのみを履修する2年間コースです。※別科の「楽理専攻」はありません。

Q 副科実技のレッスンの頻度を知りたいです。
A レッスンの頻度は、原則として授業期間中週1回です。1年次はピアノのみ履修可能です。他の楽器等は2年次以降履修可能です。

Q 副科レッスンについて知りたいです。
A 「副科実技」と呼んでいるもので、ピアノは1年次から、その他の楽器等は2年次以降履修できます。声楽、オルガン、弦楽、管打楽、古楽、邦楽の様々な楽器等を履修できます。毎年11月に次年度の履修希望を受け付けます。

Q 楽理科が開設する学科系授業と楽器等の実技系授業との合同演習はあるのでしょうか?
A 通常、両者は別々に実施しています。

Q 楽理科に入学して、音楽環境創造科が専門領域として扱う分野に関連すること(例えば舞台芸術など)を研究テーマにすることは可能でしょうか?
A 例えばミュージカルをテーマにして卒業論文を書くことなどは可能です。しかし、楽理科と音楽環境創造科とは本来全く別の科であり、アプローチの仕方が異なります。

学生生活に関して

Q 在学生の住宅事情を知りたいです。遠方なので下宿になりますが、生徒さんたちはどのような生活を送られているのか教えてください。
A 学生寮(藝心寮)があります。詳しくは東京藝術大学HPの「学生生活」から「福利厚生・生活サポート」をご覧下さい。本大学では賃貸物件の斡旋は行っていませんが、学生課や教務係、大学生協に行けば情報を得ることができます。

Q 寮を希望しています。倍率が高いのかどうか、寮内についても教えてください。
A 入寮者の選考は学内の基準により行われますが、希望者が多い場合入寮できない場合もあります。詳しくは本学学生課課外支援係にお尋ねください。

Q 学生の雰囲気を知りたいです。
A 総じてモチベーションが高く、充実した大学生活を送っています。

Q 美術学部との交流はありますか。
A 音楽学部・美術学部共通の科目(交流科目)があります。また、学部1年生は、美術学部工芸科と協同で芸術祭で活動する機会がありますし、授業や芸術祭以外でも、サークル活動等を通して交流を深めることもできるでしょう。

Q 在学生や卒業生の体験談をお聞きしたいのですが。
A 楽理科準公式サイト楽々をご覧下さい。

Q 奨学金について教えてください。
A 日本学生支援機構(旧・日本育英会)の貸与奨学金のほか、特定の条件にある学生を援助する奨学金制度があります。また音楽学専攻の院生(修士)を対象とした「野村学芸財団」」奨学金があります。また外国人留学生の場合は別途の奨学金があります。詳しくは学生支援課にお尋ねください。

卒業後に関して

Q 卒業後の進路にはどのようなものがありますか。
A 楽理科(学部)卒業後は音楽研究科(修士課程)に進学したり留学したりするなど、研究職を目指す人が多い一方、演奏活動や音楽マネージメント、放送・新聞・出版等のメディア、教職(小・中・高校教員)、一般企業等、就職面でも様々な進路が開かれています。詳細は卒業後の進路をご覧下さい。説明会では過去10年間の卒業生の進路・就職先をお伝えします。「大学案内2017」も参考にしてください。

Q 大学院卒業後に学校に残り、研究することは可能ですか?また、そうするためにはどのようにしたら良いですか?
A 教育研究助手(非常勤)、専門研究員(無給)に応募することができます。

Q 留学された方はどのような道に進んでいますか。
A 留学経験者のほとんどはその経験を生かした仕事についているといえます。留学先あるいはその他の外国に居住しているケースもあります。

大学院に関して

Q 大学院で副科実技の履修は可能ですか。
A 大学院のカリキュラムに副科実技は含まれておらず、単位認定はできません。ただし楽理科開設の実技科目(「東洋音楽演奏」、「ガムラン演奏」等)を履修することは可能であり、また実技の体験講座を受講することも可能です。

Q 大学院のゼミナールに学生はどのように取り組んでいるのですか。
A 自分が発表する際には、準備に相当の時間が必要となります。また複数のゼミに出席した場合は、読み込む文献の量も必然的に多くなるため、概して院生生活は多忙となります。とはいえ、ゼミナールには博士課程の学生も参加するので、議論を通してさまざまな角度から自身の研究の幅を広げることができるでしょう。

Q 入学する際に、第1講座から第3講座まで、自分がどの講座に所属するのかを決める必要があるのですか。
A 所属希望講座については、出願書類の中で、希望する指導教員の氏名とともに講座名を記入することになっています(「所属研究室希望欄」)。入学に際して学生は所属する講座を一つ決める必要がありますが、どの講座に属していても横断的な研究は可能であり、それぞれ専門の教員から指導を受けることができます。

Q 1週間あたりの授業時間数(必修科目)を教えてください。
A 音楽学専攻の修士の場合「音楽学演習」「音楽学特殊研究」「音楽学実習」各1科目が必修、そのほか選択科目2~3科目を加えて、一週間で5~6科目を受講します。

Q 変則履修は可能ですか。(2年以上など)
A 修士課程は3年まで在学可能です。また休学は最長2年まで可能です(休学期間は在学年数に加えない)。ただし大半の科目は通年科目なので、年度をまたいだ休学をすると単位がとれないことがあります。そのため留学等でやむを得ず年度をまたいだ休学をする場合、事前の申請により、単位の分割(休学前の年度に前期を、復学後の年度に後期を履修して一科目の履修とする)が認められる科目があります。

Q 「大学院音楽文化学専攻」に進学するための研究生制度などはありますか。
A ありません。私費外国人留学生を対象とした研究生制度はありますが、修士課程修了以上の学歴を要します。